フェイシャルトリートメントの普及を通じてQOLの向上に寄与いたします。

表情筋機能再生セラピストの役割

医療、介護の現場において、高齢者の義歯利用者や咀嚼嚥下障害の患者数は増加します。
ただしく口の開閉や咀嚼を行わなくなることにより、当然表情筋を始めとした顔の筋肉は衰え、さらに咀嚼力の低下を招いてしまいます。

表情筋機能再生トリートメントでは、医療補助としてのフェイシャルトリートメントによって、
高齢者の表情筋の機能を再生し、咀嚼や嚥下の能力の回復に寄与することを目的としています。

具体的にどのような施術を行うかについては、下の動画をご参照ください。
高齢者のみならず、フェイシャルトリートメントは医科・歯科の分野との連携によって、さらに広がる可能性を秘めています。

一人でも多くの歯科医療従事者の方に、フェイシャルトリートメントと治療の融合によって、患者さんのQOLの向上にさらにお役立ていただければと思っています。