フェイシャルトリートメントの普及を通じてQOLの向上に寄与いたします。

各種お問い合わせ

JFTA各種認定試験へのお申込みは→こちらから。

JFTA各種認定トレーニングコースへのお申込みは→こちらから。

JFTAメールマガジンのご登録は→こちらから。

その他、JFTAへのお問い合わせは→こちらからお願いします。

表情筋機能再生セラピスト認定について


①  認定は、どのくらいの期間で取得出来ますか?又試験はありますか?

およそ24時間(3時間/日×8回)のレッスンで取得できます。
連続での受講ではなく、一週間以上の自主練習期間を設けますのでレッスンの時間以外の練習が必要です。なお、レッスン最終日には筆記と実技の試験があります。



②  どこで受講できますか?遠方の場合は出張セミナーも可能ですか?

現在は、東京(世田谷区経堂)の指定スクールにて受講できます。遠方の場合、最低実施人数を3名と決めさせていただいておりますが、交通費(必要に応じて宿泊費)のご負担をいただくことで、講師の派遣をしております。詳しくは事務局にお問い合わせください。



③  受講した後は、許可なく歯科医院などで施術できますか?

民間資格ですので特に規制はありませんが、受講後は協会認定を受けていただきます。
当協会では年に一度のスキルチェック試験を開き、施術者の技術力のチェックをお互いに確認しあい、この技術が信頼され続けるための誇りとモチベーションを持ち続けるよう努めています。



④  費用はいくらかかりますか?また取得に関して更新料等はありますか?

受講料はお一人101,000円(テキスト代込み/遠方の場合交通費・宿泊費別途)です。
コースの最後に行われる認定試験に合格されましたら、15,000円(協会入会費・認定証発行手数料)が別途発生いたします。本認定は1年更新のため、1年毎にスキルチェック試験料6,000円と更新料5,000円が発生いたします。

⑤  取得された方はどんな方が多いのですか?
  歯科関係者はどのくらい取得していますか?

アロマセラピスト、歯科衛生士、歯科医師などの方が取得されています。
最近、歯科関係者の方から注目をされ始めたところで、歯科衛生士、歯科助手の方の資格取得が 増えてきております。



⑥  フェイシャルマッサージの内容について教えてください。

お顔の各パーツの表情筋を緩めることで、それぞれの筋本来のネットワークを回復し、より効率的に表情筋を使えるようにすることを目的とするフェイシャルトリートメントです。
本コースでは、歯科や介護の現場における、高齢者を中心とした医療補助的な役割を担えるよう、施術だけでなく高齢者への対応の仕方なども合わせて学びます。
非常にソフトなタッチで、組織が脆くなっている高齢者から張りのある若い方にも通用しますので、施術を受ける人を選びません。老若男女に受け入れられる技術です。



⑦  フェイシャルマッサージの持続性はどのくらいの期間可能ですか?

年齢差や個人差はありますが、一度このトリートメントで本来の筋肉ネットワークが回復しましたら、1ヶ月くらいは持続すると技術です。長い方では3ヶ月持続したという方もいらっしゃいます。(あくまでも個人の感想です)